地図

様々な国や都市の大きいサイズの地図を無料ダウンロード

アリゾナ

アリゾナ州の地図 A3サイズ 無料ダウンロード

ユタ州の地図に続き、今回もアメリカに位置するアリゾナ州の地図を作ってみました。 グーグルで検索するとアリゾナ州に出てくるのですが、ほとんどニュースでアリゾナ州を使っているので私もアリゾナ州の名前を使うことになりました。 アリゾナ州はユタ州、メキシコ州、ネバダ州、カリフォルニア州の間にあるアメリカ州に長い境界線を持っているので縦に作業しました。 アリゾナ州はインディアン語で「小さな泉」という意味を持っており、インディアンが最も多く居住しているので保護区域も存在しています。 面積は295,254km²で、韓国の100,210km²に比べると、ほぼ2倍以上大きいといえます。 人口は7,216,270人で、人口密度は22人km²です。 経済を推定できるGDPは全体で3,260億ドル、世界35位程度であり、途上国と比較するとカンボジア172億ドル、ミャンマー2452億ドル、ベトナム3309億ドル、フィリピン3309億ドルとなり、一国の全体GDPより高いかほぼ同じ水準となっています。 1人当たりのGDPは43,709ドルで、世界18位になるほど高い方です。 気候は砂漠に位置しているため夏暑く冬には暖かい気候を見せてくれます。 それで無難な気候を見せてくれるから住みやすい週の一つです. 砂漠だけあるアメリカの州ではなく高原と大地そして山地もあり大峡谷もあり南州にはヒーラ川が流れています。 大きな都市にもフェニックス(Phoenix)、トゥーソン(Tucson)があり、他の州に比べて韓国人がたくさん住んでいる州です。 産業構造を見るとサービス業が州の80%程度を占めるほど重要な産業で、サービス業の大部分が大きな都市フェニックスとツーソンに集中されています。 製造業はコンピューター、電子製品(捜索、検波、航海器具、半導体)、航空機、ヘリコプター、航空宇宙製品が主であり、化学、合成金属製品、非金属ミネラル、加工食品も発達しています。 農業はサンチュ、綿花、乾草、柑橘類、メロン、野菜をたくさん生産しています。 家畜もたくさん飼っていて大きく酪農地帯を形成しているしアンゴラやぎ、豚、羊をたくさん飼っています。 鉱業は州の所得の大半を占めており、最も多く生産されるのは銅で、米国で生産量が1位を占めています。 他には金、モリブデン、銀、石炭などが産まれています。 雇用の多い産業の順に見ると、国際交易、物流、教育、保健、ビジネスの順で銅生産による州の経済を牽引していましたが、依存度が高いために民間航空機、エンジン、部品、電子産業が急速に成長しています。 輸出を最も多くしている国はメキシコ、カナダ、中国、イギリス、インドの順で、輸入を多くしている国はメキシコ、中国、カナダ、日本、オランダの順です。 主な見どころはグランドキャニオン、モニュメントバレー、メテオール噴火口、フーバーダム、オールドトゥーサン、モンテスマキャッスル国記念品、ハバスパイの滝などがあり、自然の中で楽しめるマウンテンバイク、急流ラフティングが人気です。 このようにアリゾナ州について知り、地図についてお話しすると、製作のために使用したプログラムはイラストレーターであり、色を追加するときにはフォトショップを活用しました。 1種類の地図だけありますと様々な用途に使えないので、カラーマップ、基本地図、輪郭線地図の3つに作りました。 それでは、今回作成したアリゾナ州の地図をお見せしましょう。 1.アリゾナ 地図 今回作ったアリゾナ州の地図の姿で長く並んでいるため、縦に作業して横の地図よりもよく見えます。 地域区分のために色を使用して見るにも良く、印刷して見るにも良く、A3サイズに大きくしてグラフィック作業をするにも適しています。 境界を接しているメキシコ、カリフォルニア、ネバダ、ユタはアリゾナ州の地図に集中できるように境界線を作らず、文字で表示して場所が分かるようにしました。 ブログやサイトに掲示物を作成するときは、上の画像をダウンロードして使用してください。A3サイズの原本画像をダウンロードしたい場合は一番下にあるGoogleドライブをクリックするとダウンロードできます。 …

アリゾナ州の地図 A3サイズ 無料ダウンロード Read More »

ロンドン 地図

ロンドン 地図 大きいサイズ 3種類 ダウンロード

アフリカに位置したマリの指導に続いて今回は、英国の首都ロンドン 地図を作ってみました。ロンドンを詳細に表現した地図はなく、行政区域と地形を一望できるように作っている地図です。 従来に米国の州を中心に作って、急に英国ロンドン 地図を作るようになったが、ソウルと似たような形であることを見ていきなりな作業するようになりました。 ロンドンの面積は1,569km²であり、ソウルと比較すれば、2.6倍程度大きいといえます。人口は898.2万人で中心都市であるだけに、人口密度が高いが、7都市の中では低い方です。 韓国ソウルと比較すると、ロンドンは5,199人km²、ソウルは16,100人km²で、ソウルが非常に高い人口密度を持っていることが分かります。 ソウルがロンドンより面積は小さい反面、人口が多いためにこのような結果が出たといえます。 イギリスの経済を示すGDPは、2018年で6,490億ドルとなり、イギリスの総GDPの31程度を占めるほど大きな都市です。 ロンドンはサービス業が最も発達していますが、その中で金融は中心地で、ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所、東京証券取引所と並ぶ世界経済の三大中枢くらいです。 ロンドンの雇用人口の85%320万人以上がサービス業に携わっており、次いで50万人が製造、建設分野に携わっています。 工業は出版業、繊維、機械、薬品などの製造業が発達しています。 ロンドンはサッカーでも有名ですが、見どころが多く、旅行客が多く訪れる都市です。 代表的な見どころを挙げると、英国博物館、ロンドン塔、ビッグベン、ロンドンアイ、バッキングアップ宮殿、タワーブリッジ、ハイドパーク、セイルポール大聖堂、ウェスターミンスター寺院などがあります。 2021年、世界最高都市でロンドンが1位を占めるほど高い点数を受けている所で、基準は居住地、勤務地、訪問地だけで選定するのではなく、雇用、投資、観光客など様々な要素を評価して選定したそうです。 ロンドンについてここまで調べて、地図製作についてお話しすると、使用したプログラムはイラストレーターで、色を追加するときはフォトショップを活用しました。 以前は3種類の地図で作りましたが、今回はカラーマップ、基本地図をハングル&英文バージョンにし、5種類の地図にしました。 すべての種類の地図は一番下のGoogleドライブをクリックすると、無料でダウンロードできます。 1.ロンドン 地図(ハングル) 正確な名称が分かるため検索して旅行計画を立てる時に使いやすく、外国人訪問者がいるサイトやブログを運営する方が添付して使うのも良いでしょう。 英文の名称はウィキペディアの行政区画の文書を参考に作成したもので、グーグルでももう一度検索したのだから間違いはないと思いますが、もしスペルが間違っている場合はコメントを残してくだされば修正します。 2.ロンドン 地図(英文) 色地図に続き、地域区分のために使用した色を除去したロンドン 地図で、大量印刷の方が使用しやすい地図種類です。 この地図もやはりハングルと英語で区別し、2種類で作られました。 色がないのでフォトショップのようなグラフィックプログラムで特定地域に好きな色を入れたり情報を追加したりするときに楽にできます。 そして印刷してから筆記しながら使用するのもいいと思います。 3.輪郭線地図 最後に、すべての色と地域の名称を削除したロンドン …

ロンドン 地図 大きいサイズ 3種類 ダウンロード Read More »

ソウルの地図

ソウルの地図、大きいサイズ無料ダウンロード

今まで国の地図を作ってきましたが、今回は大韓民国の中心といえるソウルの地図を作ってみました。 各国の地図は、その国を旅行したり歴史を説明する時に活用されるので、訪れる人があまり多くありませんが、ソウルの地図は韓国の首都であり、多くのことが起こるので活用度が高いでしょう。 ソウルは韓国の約18%の人口が集まっている代表的な都市で、25の自治区によって構成されています。 本当にたくさんの人達が住んでいるので人口密度が高いですが、大きい都市と言える日本の東京とアメリカのニューヨークより高いと言えます。 人口密度が高いと言われていたため世界的にも高いと思いましたが、1位はインドのチェンナイで、2位はバングラデシュ高、3位はインドのコルカダ、4位はインドのムンバイ、5位はエジプトのカイロであり、ソウルは6位となっています。 ソウルを象徴する色は丹青赤色で、花はレンギョウ、木は銀杏、鳥はカササギです。 韓国の地域内総生産(GRDP)において、京畿道とソウルが約半分を占めるほどの経済中心地であり、ソウルは2019年基準で404兆ウォンに達するほどです。 この程度でソウルについて調べて、地図について話しますと、地図を初めて制作した時期に作ったため、最近の地図とは違い色の地図がありませんでした。 なので、文章を追加で作成しながら新しくカラーマップを作って5種類に増え、すべて一番下のGoogleドライブをクリックすると、圧縮ファイルでダウンロードできます。 使用したプログラムはイラストレーターで、色の追加にはフォトショップを活用しました。 作業したサイズはA3で大きく作ったのでいろんな用途で使えると思います。 1.ソウルの地図 上の地図が今回作ったソウルの地図です。 すでに作成していた地図の1色で作成されている場合、上記地図は地域をより楽に区分できるようカラーを使用しています。 色が入っているため見た目がいいので、ブログやサイトに添付して情報を提供する際に使用するのに適しています。 サイズもA3なので印刷して貼り付けて見やすく、地図を修正したい方も拡大して作業するのに適しています。 2. 基本地図 既製の地図と似たようなものですが、詳細な地図ではなく地域が分かるシンプルな地図といえます。 地形色を緑色で表示し、漢江が途中で流れるため、その部分も表示しました。 地域名はウィキペディアを参考にハングルと英語で表示し、知りたい方が再び訪れることのないようにしました。 白い境界線で作ったのに修正作業をする方もいると思いますので、線の切れ目もすべて確認しながら作業しました。 3.白黒地図 印刷して使う方のために白黒地図も作りました。 多量印刷する方でしたらインク消費を抑えられ、色のついた地図は文字がよく見えるようになりますが、上の地図は白黒なので印刷するとよく見えると思います。 色がないので印刷してから表示しながら使用するのもよく、文字を削除する時も便利で、追加情報を入れる時に楽に作業できると思います。 色物を好む方もいますが、私の場合は上記の地図のように色がなくて文字が見やすく修正できる地図タイプが欲しいので、地図を作る際に追加で製作しています。 4.輪郭線地図 フォトショップ、フォトスケープのようなグラフィックプログラムを使用して他国の言語で地域を表示したり、統計、旅行日程など情報を追加するときに使いやすい輪郭線地図です。 プログラムをご利用いただける方は、フレーム作りは難しくありませんが、上記マップをご利用になれば作業時間を節約できると思います。 …

ソウルの地図、大きいサイズ無料ダウンロード Read More »

アメリカの地図

アメリカの地図の作業過程と無料ダウンロード

アメリカの地図をダウンロードするため検索してみると、色々出てきますが色がたくさん入っているので表示作業が不便だと思います。 そして著作権に対する心配もあったので、自ら制作することになりました。 グーグルで関連検索したところ、アメリカの地図を探す検索ワードがダウンロード、国旗が入った地図だったので、フレームを作っていくつか種類を作ってみました。 説明を見て気に入ったら、一番下からダウンロードしてください。 1.米国の地図 イラストレータープログラムを使用して作成されたアメリカの地図です。 グラフィック要素がなく、色も黒だけで作りました。 地域表示はハングルと英語で行い、アラスカとハワイは下に別に作りました。 グラフィック要素がたくさん入っている地図が欲しい方は気に入らないかもしれませんが、私のように統計表示をすれば文を作成する人にとっては役に立つと思います。 サイズは、3484×2447で、容量は1.09MBです。 作業方法はポータルが提供する米国の地図をイラストレーターで読み込んで鉛筆のツールを利用して輪郭線を取る作業をした後、地域だけ点線で処理しました。 その次に、地域表記をした後、立体的な印象を与えるために影効果を追加して完成しました。 2.表示除外 他の地図をアップした際に地域表示がされていないものも希望される方がいたので、地域表示がされていない地図も作りました。 文章を作成する際は、地域の統計を表示したい方や他の言語で地域を表示したい方に便利だと思います。 3. 略字表示 アメリカ合衆国の地図をご覧になると、州を略字で表したものが見えるでしょう。 これはアメリカの郵政庁で区別するために使われているもので、ウィキペディアに詳しく整理された内容を見て作ってみました。 4.国旗が入った地図 関連検索ワードで、アメリカの国旗が入った地図が欲しいという方がいました。 ですから、映像の編集やグラフィック作業をする方が楽に作業できるよう、背景のないPNGファイルで製作してみました。 味気ない国旗よりは3Dの感じも求める方がいると思って作ってみました。 このソースもやはり背景のないPNGで作っており、上に見えるように国旗にしわを作る方法を知りたい方はフォトショップ国旗のしわのある姿を表現する方法の掲示物を参考にしてください。 アメリカの地図関連検索キーワードを見て、必要なものを作ってみましたが、後で他の種類を見つけたら追加で作業してアップデートしたいと思います。 サイトやブログなどを書いたり、グラフィック作業をする方に役立つ資料であることを願っています。 ※この地図は[グーグルドライブ]の後、右上のダウンロードボタンを押してお受け取りください。 ▶ ソウルの地図、大きいサイズ無料ダウンロード

Scroll to Top