ブラウザシェア英国はモバイル部門三星インターネットが3位

世界で最も多く使われているブラウザは、クローム(Chrome)といえます。 この状況はエクスプローラーのアップデート問題のため、さらに格差が広がりましたが、国内ではブラウザシェアが依然としてエクスプローラーを使用する方が多い状況ですが、クロムとネイバーウェイルに移る方が多くなり、エクスプローラーユーザーが減っている傾向です。

国内にエクスプローラーのユーザーが多い理由は、Windowsをインストールした時に基本的にあるブラウザなので、使用してみると慣れているという点とともに、国内のサイトがエクスプローラーに最適化されているという点がありますが、他のブラウザの最適化作業も行っており、使用上の不便さから他のブラウザに移る方が増えています。 (統計上では国内ブラウザシェアでエクスプローラーが2位を記録しましたが、実際のユーザーはもっと多いという意見が多いです。 )

1.ブラウザシェア

ブラウザシェア

2018年の世界ブラウザシェアを見ると、クロム(59%)、ファイアフォックス(12%)、エクスプローラー(12%)、エッジ(4%)、サファリ(3%)の順ですが、クロムが圧倒的な理由は、使用上の便利さと拡張プログラム、そしてセキュリティに優れているからです。 マイクロソフトのエッジがセキュリティが優れているという記事を見たことがありますが、発売以来この点を強調しましたが、依然として苦戦を強いられています。

※ クロムの占有率が高いため、クロム拡張プログラムにエッジのセキュリティプログラムを提供することもあります。 セキュリティが破られるとブラウザのせいにするよりも、Windows(オペレーティングシステム)に問題があると考えられるため、提供することになったそうです。

2.英国モバイル部門三星インターネット3位

ブラウザシェア

ところでブラウザのシェアを調査してみると<英国モバイルブラウザシェアで三星(サムスン)インターネットが3位を記録するのを見ることができて嬉しかったです。統計サイトごとに異なる結果が出ているが、数字上だけ見るととても高いということを見ることができました。

英国モバイルブラウザのシェアを見ると、サファリ(47%)、クロム(42%)だが、三星(サムスン)、インターネット・ブラウザーは、年度別に見るようになれば、2016年から統計上に捕まることになるが、最初は2%と低い数値だったが、2018年には7%まで上昇し、3位を記録しています。

サファリは、アップルで作ったブラウザであるため、英国で、アップルユーザーが多いのか考えをしたが、英スマートフォン販売量を見るようになれば0.4%の差でアップルが1等、三星が2位を記録していました。

この点を見ると、スマートフォンのシェアによってブラウザを選択することもあるが、本人が使用することにあって便利、慣れたブラウザを選択することができます。ヤング

局ではグーグルの独占について制裁をしたこともあり、ブラウザで情報収集することについて訴訟を進行することもしたために世界的な傾向しては、異なるクロムよりはサファリ使用者がより多いことが見えます。(2011年にエクスプローラーがブラウザ市場を占領したが、墜落をしながらその市場をクロムとサファリが使ったとことができます。)

3.三星(サムスン)、インターネットブラウザ

ブラウザシェア

実は私はモバイルでもクロームを使っていました。 ところで、この文を書きながらサムスンインターネットブラウザをダウンロードして使ってみましたが、速度面でとても気に入りました。 レビューでも早くて安定的だという文をたくさん見ることができましたが、その機能を見ればPCバージョンもあれば良いと思いました。

基本的にブラウザの核心機能といえるセキュリティは、有害サイトへのアクセス警告、不要なコンテンツが画面に映らないようにする機能が含まれており、シンプルなUI、ダウンロードマネージャ、タブ切り替え、高コントラストモード、360度ビデオ、ビデオアシスタント、サムスン機器間連動など多様な機能があり、簡単にウェブサーフィンができます。

評点もかなり高い4.4であり、開発者がユーザーの建議事項に答える姿も良かったです。

最近のアップデート日が2018年10月16日であることを見ると、継続的にアップデートを行っているため、今後もユーザーが増えると思います。

4.クロムの独走は続く

ブラウザシェア

エクスプローラー黄金期よりはブラウザシェアが低いかもしれませんが、世界で最も多く使われているブラウザという点で、そして持続的にアップデートが行われているため、今後も独走は続くものと見ています。

クロムに対抗するためにマイクロソフトではエッジがより良いということをアピールしていますが、「クロムがバッテリーをより多く消費し、セキュリティ上でもエッジがより安全です。 「とありますが、エクスプローラーのセキュリティアップデート終了により、他のブラウザを探していたユーザーの心を変えるには不十分なようです。

私がクロムを使用する理由は、多様な拡張プログラムを使用できるという点とグーグルIDで連動するという点でクロムを選択することになり、特にエクスプローラーでエラーが生じる問題がクロムにはないということが最大の理由でした。

最も重要なセキュリティアップデートを着実に行っているのがクロムであるため、今後もブラウザ市場での独走は続くものと予想されます。

Share on:

Leave a Comment

Your email address will not be published.

Scroll to Top