ロンドン 地図 大きいサイズ 3種類 ダウンロード

アフリカに位置したマリの指導に続いて今回は、英国の首都ロンドン 地図を作ってみました。ロンドンを詳細に表現した地図はなく、行政区域と地形を一望できるように作っている地図です。

従来に米国の州を中心に作って、急に英国ロンドン 地図を作るようになったが、ソウルと似たような形であることを見ていきなりな作業するようになりました。

ロンドンの面積は1,569km²であり、ソウルと比較すれば、2.6倍程度大きいといえます。人口は898.2万人で中心都市であるだけに、人口密度が高いが、7都市の中では低い方です。

韓国ソウルと比較すると、ロンドンは5,199人km²、ソウルは16,100人km²で、ソウルが非常に高い人口密度を持っていることが分かります。 ソウルがロンドンより面積は小さい反面、人口が多いためにこのような結果が出たといえます。

イギリスの経済を示すGDPは、2018年で6,490億ドルとなり、イギリスの総GDPの31程度を占めるほど大きな都市です。 ロンドンはサービス業が最も発達していますが、その中で金融は中心地で、ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所、東京証券取引所と並ぶ世界経済の三大中枢くらいです。

ロンドンの雇用人口の85%320万人以上がサービス業に携わっており、次いで50万人が製造、建設分野に携わっています。 工業は出版業、繊維、機械、薬品などの製造業が発達しています。

ロンドンはサッカーでも有名ですが、見どころが多く、旅行客が多く訪れる都市です。 代表的な見どころを挙げると、英国博物館、ロンドン塔、ビッグベン、ロンドンアイ、バッキングアップ宮殿、タワーブリッジ、ハイドパーク、セイルポール大聖堂、ウェスターミンスター寺院などがあります。

2021年、世界最高都市でロンドンが1位を占めるほど高い点数を受けている所で、基準は居住地、勤務地、訪問地だけで選定するのではなく、雇用、投資、観光客など様々な要素を評価して選定したそうです。

ロンドンについてここまで調べて、地図製作についてお話しすると、使用したプログラムはイラストレーターで、色を追加するときはフォトショップを活用しました。

以前は3種類の地図で作りましたが、今回はカラーマップ、基本地図をハングル&英文バージョンにし、5種類の地図にしました。 すべての種類の地図は一番下のGoogleドライブをクリックすると、無料でダウンロードできます。

1.ロンドン 地図(ハングル)

ロンドン 地図

正確な名称が分かるため検索して旅行計画を立てる時に使いやすく、外国人訪問者がいるサイトやブログを運営する方が添付して使うのも良いでしょう。

英文の名称はウィキペディアの行政区画の文書を参考に作成したもので、グーグルでももう一度検索したのだから間違いはないと思いますが、もしスペルが間違っている場合はコメントを残してくだされば修正します。

2.ロンドン 地図(英文)

ロンドン 地図

色地図に続き、地域区分のために使用した色を除去したロンドン 地図で、大量印刷の方が使用しやすい地図種類です。 この地図もやはりハングルと英語で区別し、2種類で作られました。

色がないのでフォトショップのようなグラフィックプログラムで特定地域に好きな色を入れたり情報を追加したりするときに楽にできます。 そして印刷してから筆記しながら使用するのもいいと思います。

3.輪郭線地図

ロンドン 地図

最後に、すべての色と地域の名称を削除したロンドン 地図です。 輪郭線だけあるのでフォトショップ、イラストレーターといったグラフィックプログラムを使用して希望する色と情報を入れるのに便利な地図種類だといえます。

線もすべて途切れることを確認したので、色を入れるときに追加で接続する作業をする必要はなく、地図のような作業をしやすいイラストレーターにして拡大しても線が大きく割れないはずです。

そしてA3サイズに大きく製作してグラフィック作業をするときに拡大しながら作業するにも適しています。 上の地図の種類はすべて圧縮して下にあるGoogleドライブをクリックすると、無料でダウンロードできます。

その他にも、様々な国から都市まで、地図を活用して文章やインフォグラフィックを作る方は、上段の地図カテゴリを参考にして必要なものをダウンロードしてください。

※上の地図は[Googleドライブ]の後、右上にあるダウンロードボタンをクリックしてお受け取りください。

▶ ソウルの地図、大きいサイズ無料ダウンロード

▶ アメリカの地図の作業過程と無料ダウンロード

Leave a Comment

Your email address will not be published.

Scroll to Top