アメリカの地図の作業過程と無料ダウンロード

アメリカの地図をダウンロードするため検索してみると、色々出てきますが色がたくさん入っているので表示作業が不便だと思います。 そして著作権に対する心配もあったので、自ら制作することになりました。

グーグルで関連検索したところ、アメリカの地図を探す検索ワードがダウンロード、国旗が入った地図だったので、フレームを作っていくつか種類を作ってみました。 説明を見て気に入ったら、一番下からダウンロードしてください。

1.米国の地図

アメリカの地図

イラストレータープログラムを使用して作成されたアメリカの地図です。 グラフィック要素がなく、色も黒だけで作りました。 地域表示はハングルと英語で行い、アラスカとハワイは下に別に作りました。

グラフィック要素がたくさん入っている地図が欲しい方は気に入らないかもしれませんが、私のように統計表示をすれば文を作成する人にとっては役に立つと思います。

サイズは、3484×2447で、容量は1.09MBです。

作業方法はポータルが提供する米国の地図をイラストレーターで読み込んで鉛筆のツールを利用して輪郭線を取る作業をした後、地域だけ点線で処理しました。

その次に、地域表記をした後、立体的な印象を与えるために影効果を追加して完成しました。

2.表示除外

アメリカの地図

他の地図をアップした際に地域表示がされていないものも希望される方がいたので、地域表示がされていない地図も作りました。 文章を作成する際は、地域の統計を表示したい方や他の言語で地域を表示したい方に便利だと思います。

3. 略字表示

アメリカの地図

アメリカ合衆国の地図をご覧になると、州を略字で表したものが見えるでしょう。 これはアメリカの郵政庁で区別するために使われているもので、ウィキペディアに詳しく整理された内容を見て作ってみました。

4.国旗が入った地図

アメリカの地図

関連検索ワードで、アメリカの国旗が入った地図が欲しいという方がいました。 ですから、映像の編集やグラフィック作業をする方が楽に作業できるよう、背景のないPNGファイルで製作してみました。

アメリカの地図

味気ない国旗よりは3Dの感じも求める方がいると思って作ってみました。 このソースもやはり背景のないPNGで作っており、上に見えるように国旗にしわを作る方法を知りたい方はフォトショップ国旗のしわのある姿を表現する方法の掲示物を参考にしてください。

アメリカの地図関連検索キーワードを見て、必要なものを作ってみましたが、後で他の種類を見つけたら追加で作業してアップデートしたいと思います。 サイトやブログなどを書いたり、グラフィック作業をする方に役立つ資料であることを願っています。

※この地図は[グーグルドライブ]の後、右上のダウンロードボタンを押してお受け取りください。

▶ ソウルの地図、大きいサイズ無料ダウンロード

Leave a Comment

Your email address will not be published.

Scroll to Top